ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年04月01日

ライナルツ欠場で、長谷部にボランチでチャンスか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

reinartz-1459355151_zoom18_crop_800x600_800x600+42+16

後半戦では鼠蹊部の手術などによ、約半分を欠場しているシュテファン・ライナルツだが、今回は胃腸炎により欠場の見通しであることがコヴァチ監督より明かされた。これによりボランチでは、日本代表参加から長距離移動を経て戻ってくる長谷部誠がオプションということになるが、コヴァチ監督は「まずはフィジカルの状態をチェックすることになるさ」とコメント。


それ以外のボランチ候補であるマルコ・ルスは大腿筋に負傷を抱えており、またアレクサンダー・イグニョフスキもまだチーム練習はこなせてはいない状況だ。


そのため攻撃的MFであるマーク・シュテンデラ、サボルチ・フスティを下げることも考えられるだろう。


前節のハノーファー戦では、今季はじめて途中から出場した長谷部は、昨季とは異なり中盤だけでなく右サイドバックでもプレー。ここまでのリーグ戦27試合中25試合に出場し、1アシストをマーク。キッカー採点平均では4.02を記録している。

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報