ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年04月29日

副主将ルス、たとえ2部降格でも延長を希望

Eintracht Frankfurt
アイントラハト・フランクフルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

aaaa-1461770438

前節でのマインツ戦での勝利により、1部残留に向けて望みをつないだアイントラハト・フランクフルト。そんななか、副主将を務めるマルコ・ルスは、たとえ2部に落ちたとしても延長したい考えを示した。


最近、出場試合数をクリアしたことにより「2017年まで延長されていた」ことを明かしたルス。「24試合か25試合か正確な数字は知らないんだけどね」


だがさらなる延長に向けてすでに話し合いは行われており、「今年31になるし、1年1年の勝負というより確かなプランが欲しいんだ。代理人と僕はヒュブナーSDと話し合いをして、オプション付きの2・3年の契約を希望しているところだよ」と述べている。


1996年からフランクフルトに在籍するルスは、2010/11シーズンに前半戦7位から大失速して2部降格を喫してヴォルフスブルクへと移籍。そこで現在のチームメイトである長谷部誠とプレーしており、2013年にフランクフルトへと復帰。ボランチとCBをこなす190cmのディフェンダーは、現在は副キャプテンを務めているところだ。