ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年04月29日

ダルムシュタット行政裁判所、市内出入り禁止令をストップ

SV Darmstadt 98
SVダルムシュタット
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Eintracht Frankfurt v 1. FSV Mainz 05 - Bundesliga

フランクフルトファンに対して、市内中心部への出入り禁止を決めたダルムシュタット市だったが、ダルムシュタットの行政裁判所は、これを一時停止とする判断を下した。


もともと今回のヘッセン・ダービーでは、前回の対戦でフランクフルトファンが起こした騒動により、ダルムシュタット戦でのアウェイ席の無観客処分が決まってはいたのだが、さらにダルムシュタット市は安全対策として、36時間にわたってフランクフルトファンの市中心部への出入りを禁止すると決定。


だが6人のフランクフルトのファンが、行政裁判所に対して申し立てを行い、うち5つが受理されて審議がなされた。


その結果、今回の異議申し立ては、市内出入り禁止処分を一時的に中止させるものと判断。その理由などについては、まだ説明はなされていない。


アイントラハト・フランクフルトのアクセル・ヘルマンCFOは、「過激なファンと良心的なファンとの区別が行われてはおらず、単純にフランクフルトのファンというくくりでの禁止令だった。これでは法的には認められないよ」との見解を示している。