Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年05月06日

回復を見せるフルム「良い事だよ」

Eintracht Frankfurt
アイントラハト・フランクフルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

flum8-1462451902

5ヶ月前の練習で膝に重傷を負い、ヘリコプターで病院へと搬送されたヨハネス・フルム。水曜日の練習ではその日以来となるゴールを練習で決め、同選手は「疲れ果てたね。数日前からチームメイトと練習していたんだけど、それは5vs3とか6vs2とかだったから。今日は初めて本格的に参加したといったところだよ。いいことだ」と語った。


またコヴァチ監督は「またプレーできるようになったのはいいことだ。しかしこれから負荷をかけていかなくてはならないし、リハビリコーチとともに練習に勤しんでいく必要もある。今季はオプションではないよ」とコメント。フルムも「これだけ長期離脱していたから、実戦経験が不足しているし、まだ数日しか経っていないんだよ。プレーしたいとは思うけど、現実的にみれば無理だよね」と述べている。


ただしシーズン終了後にはテストマッチが組み込まれており、そこで実戦復帰を果たせる可能性はあるだろう。だがそれは当然、入れ替え戦に進まなかった場合の話だ。


1部残留を信じるフルムは、コヴァチ新監督について「監督がしっかりと示して、それに選手達はついていっている」との印象を抱いており、「僕たちの大切なことは1部に残ること。契約のことはその後」とコメント。ヒュブナーSDからは「代理人とコンタクトをとるいうシグナルは受け取っている」とも明かした。

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker