ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年05月08日

3連勝で残留へ前進…決勝点演出の長谷部「ドルトムントの怖さはなかった」

Eintracht Frankfurt
アイントラハト・フランクフルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブンデスリーガ第33節が7日に行われ、日本代表MF長谷部誠の所属するフランクフルトは、同代表MF香川真司の所属するドルトムントに1-0で勝利。意地の3連勝で15位に浮上し、残留へ大きく前進した。


この日、決勝点をアシストした長谷部だが、次節の16位ブレーメンとの直接対決に向けて「まだまだ気が抜けない」と気を引き締めた。


試合は、残留へ負けられないフランクフルトが立ち上がりから優勢に出る。すると14分、練習から狙っていたという右CKのショートコーナーから、長谷部がクロスを供給。中央でドイツ人MFシュテファン・アイグナーが後方へ下がりながら頭で合わせて、ゴールネットを揺らした。


その後、逆転優勝へ勝利が必要なドルトムントが猛攻を仕掛ける。だが、長谷部も「いつものドルトムントの怖さというのはあまりなかった」と振り返ったように、自陣に引いてブロックを形成したフランクフルトが、リーグトップの計80得点を挙げているドルトムントの攻撃陣を抑え込み、0-1の金星を収めた。


「キレイなサッカーではなかったですけど、本当にプラン通りの戦いで、結果も出たという意味では、非常に良かったと思います」と勝利を喜ぶ長谷部。「逆にプレッシャーがないというか……。この3試合は開き直ってできている」と3連勝の要因を明かした。


だが、まだ残留が決まったわけではない。最終節でのブレーメンとの直接対決で、引き分け以上だと残留が決まる。その一方で、敗れると昇降格プレーオフの16位に後退し、さらにはシュトゥットガルトとの得失点差次第で自動降格圏内の17位に転落する可能性もある。


「最終戦はかなり熱い試合になる」と直接対決を見据える長谷部は、「最後の一試合で結果が出てからじゃないと、何も言えない。そういう部分ではまだまだ気が抜けない。この1週間しっかりやっていきたいと思う」と、残留へ向けてより一層、気を引き締めた。


フランクフルトは、14日に行われる最終節でブレーメンの本拠地に乗り込み、残留をかけた大一番に臨む。


king


 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報