Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年05月18日

フスティ復帰も、長谷部ら主力4選手に出場停止の危機

Eintracht Frankfurt
アイントラハト・フランクフルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

800-1463491448

シーズン終盤にフェー前監督の後を受け、監督に就任したニコ・コヴァチ氏。契約はブンデス1部のみ有効となっているが、残留をかけた2部ニュルンベルクとの入れ替え戦を前に、ブルーノ・ヒュブナーSDは、降格したとしてもコヴァチ氏を支持する考えを示した。


「コヴァチ氏は、1部に残ることしか考えていないため、降格のことは考えにない。彼はアイントラハトと1つになって戦っているよ。彼とはずっと歩みを進めていくべきだと思うね」


なお前節のブレーメン戦ではシュテンデラの負傷などにより、苦しいやりくりをせまられたコヴァチ監督だが、今回の試合では「長谷部誠とともに中盤に安定感をもたらし、試合を読んでセットプレーにも長けた」存在であるサボルチ・フスティが出場停止から復帰。


ただその一方で今回のファーストレグでは、警告9枚の長谷部誠、マルコ・ルス、マーク・シュテンデラ、そして警告4枚のティモシー・チャンドラーも、もしも木曜の試合で警告を1枚受ければセカンドレグで出場停止となる。

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker