ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年05月20日

【結果、コメント】フランクフルトvsニュルンベルク1stレグ

Eintracht Frankfurt
アイントラハト・フランクフルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

8052973680000000-1463687481


スクリーンショット 2016-05-20 1.06.35 スクリーンショット 2016-05-20 1.06.44


得点

0−1:マルコ・ルス(43分OG、ケアク)

1−1:ガチノヴィッチ(65分、チャンドラー)





試合後コメント

監督:ニコ・コヴァチ(フランクフルト)

試合を支配していたのだが、なかなか結果には繋がらず、そして43分のあのプレーがあった。ただまだ行方はわからないよ。ニュルンベルクでの試合は、試合終了までわからない展開になると思うね。ガチノヴィッチはテクニックとずる賢さがあり、危険な存在となれる選手だよ。


主将:アレックス・マイアー(フランクフルト)

重要なことは、僕たちが同点にすることができたことだ。今日は僕たちの方が上回っていたとは思う。重要なことは、この入れ替え戦で勝利をつかむことであって、誰がプレーするかどうこうではない。


CEO:ヘリベルト・ブルーフハーゲン(フランクフルト)

我々は試合を支配していたし、ニュルンベルクに得点チャンスはなかった。それでもフィニッシュ部分での正確性とクレバーさに欠け、コンパクトに構えるニュルンベルクの守備陣を崩せなかったよ。リスクをかけて前にいけないということ、そして期待感と結果を出さなくてはならないという気持ちがプレッシャーになっていたのだろう。


260x195_caLF1CCsyFMF:ミヤト・ガチノヴィッチ(フランクフルト)

1−1という結果は決していいものではない。確かにあのゴールは、自分の自信のためにはとても重要なものではあるけれど。僕たちは相手を上回っているというところは見せていたし、それを月曜日でもう1度みせなくてはいけないね。


監督:レネ・ヴァイラー(ニュルンベルク)

決して希望通りの結果ではないさ。勝利を収めたかったからね。しかし少なくともアウェイゴールは決めたいと思っていたし、それを踏まえれば満足はできるさ。今回のドローという結果はOKだと思う。自分たちの立場も、相手の力もわかっているんだ。守備面ではとてもうまくできていたよ。そのためにはとても規律が求められるのだが、選手達はそれをうまく実践していたね。


CB:ゲオルグ・マルグライター(ニュルンベルク)

アウェイゴールを挙げられたから、今の僕たちの立ち位置はいいものさ。


MF:ハノ・ベーレンス(ニュルンベルク)

アウェイで1−1という結果は良いものさ。自身をもってセカンドレグに臨めるよ。