ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年05月24日

【入替戦:結果・コメント】ニュルンベルク0−1フランクフルト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

E79B19C8-58A5-432D-B775-613551B922CC
スクリーンショット 2016-05-23 23.55.15スクリーンショット 2016-05-23 23.55.32
得点

0−1:ハリス・セフェロヴィッチ(66分、ガチノヴィッチ)





試合後コメント

監督:ニコ・コヴァチ(フランクフルト)

1部残留ができて本当に安堵している。ただ我々が残留にふさわしかったことは強調しておきたい。達成感がある一方、ニュルンベルクを思うと心が傷むところもある。自分たちが残留できなければ、本当に辛い日となったことだろう。今シーズンはいろいろあったが、あのゴールで全て吹き飛んだよ。


FW:ハリス・セフェロヴィッチ(フランクフルト)

相手よりも上回ったチームが、順当に勝利をつかんだ、そう思っている。今日の試合だって、僕たちの方が優位に戦っていたよ。そして先制点を奪い、それを守りきった。断固たる気持ちでそれをやり通したよ。僕たちのファンにとって、街にとって、そして僕たちにとって、本当に心からほっとしたね。


CEO:ヘリベルト・ブルーフハーゲン(フランクフルト)

降格していれば本当に辛かったと思う。感謝しているし、我々は2試合ともに明らかに相手を上回る戦いを見せていたよ。とにかく嬉しいね。


監督:レネ・ヴァイラー(ニュルンベルク)

フランクフルトに祝福の言葉を贈りたい。2試合ともに我々が劣勢の中で戦っていたのは見て取れたと思うし、ほとんどチャンスらしいチャンスもなかったよ。当たり前だが、まずは失望に襲われている。とてもいい戦いをしていたのは、外からも見て取れたのではないか。ただ残念ながらもう1度チャレンジしなくてはならない。2試合ともにあまり議論の余地のない内容だったし、うちの方が力が下回っていたよ。


SB:ミソ・ブレチコ(ニュルンベルク)

あと少しのところまで迫っていたというのに。でも彼らの方が多く得点をしたから、彼らが来季もブンデス1部で戦うことになったのさ。ただ僕たちは勇気を持った、気持ちの込もったプレーを見せていたと思う。もちろん、今は失望しかないよ。


マネージャー:アンドレアス・ボルネマン(ニュルンベルク)

結果として、我々は昇格に手が届かなかった。選手たちは気合の入った戦いを見せてくれていたのだが、しかし相手のクオリティにやられてしまったよ。

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報