Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年07月19日

コヴァチ監督、ガチノヴィッチを賞賛

Eintracht Frankfurt
アイントラハト・フランクフルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

image

移籍1年目は学びの1年となったミヤト・ガチノヴィッチ。病気などにも見舞われわずか、昨季は7試合に出場にとどまった。しかしニコ・コヴァチ監督が就任すると第31節ではトップ下の先発として抜擢。それからニュルンベルクとの入れ替え戦でも2試合とも先発して、1得点1アシストをマークした。


その入れ替え戦では、負傷から復帰を果たしたアレックス・マイアーがトップ下に入ったが、コヴァチ監督はガチノヴィッチについて「トップ下でプレー可能だと考えている。キープ力とダイナミズムをもっているし、前に向かっていくテクニックを持ち合わせ、シュートを模索できる選手だからね」と賛辞を送った。「フェー前監督の時から、彼は練習でとても良い印象を残していたよ。」


また定位置争いに目を向けてみると、トップ下では前述のマイアーとファビアン、そしてウィングではアイグナーや今夏加入のブルーム、レビッチらが控えているところだが、しかし今季にガチノヴィッチが出場機会を得る可能性は高いとは言えるだろう。

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker