ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年07月28日

CMFの定位置争いに名乗りをあげているマスカレル

Eintracht Frankfurt
アイントラハト・フランクフルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

800-1469629454

現在ミヤト・ガチノヴィッチがトップ下として外せない存在としてアピールしている中、ボランチの定位置争いはさらに激しさを増している。


ただボランチの2つのポジションのうち、長谷部誠についてはその守備力で確保に至っているといえるだろう。


そしてより攻撃的な役割を担うCMFでは、本来は攻撃的MFが本職のファビアンが定位置争いを受けCMFでテスト。さらに今夏に加入した、CMFを本職とするオマール・マスカレルも争いに参戦しているところだ。


コヴァチ監督は「落ち着きを失わずに早く状況の打開をはかることができる。ボランチというよりCMFかトップ下だよ」と評価。


また今冬に中国から復帰したフスティもオプションではあるのだが、しかしこの半年間ではkicker採点4.27と精彩を欠いている。

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報