Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年08月30日

デビューから2試合連続で退場となったヘクター

Eintracht Frankfurt
アイントラハト・フランクフルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

image

フランクフルトでの公式戦デビューとなったポカール1回戦で退場処分をうけていたマイケル・へクター。心機一転で臨んだブンデス開幕戦シャルケ戦だったが、1点リードの局面で再び退場処分を受ける結果となった。同選手には苛立ちと失望が色濃くみられたが、さらにフランクフルトのファンからは退場時に拍手を浴びている。


試合後は同選手をかばうコメントが寄せられており、コヴァチ監督は「その前からミスがあっての結果だ。他の選手と同様に彼も素晴らしいプレーをしていた」とコメント。確かにその前に危険なエリアにパスが入らないように、ボランチの長谷部が早めに対応する必要があっただろう。


「おろかなファウルではあるが、不運なところもあった。大げさに捉えていないし、任せる必要があるだろう。マイケルには好印象を受けたし、安定感をもたらしている。チームのディフェンスは良かったし、それがとにかく重要だった」と指揮官。


それでもこれから2試合の出場停止処分になることから、代わりにチャンスを得ることになるバジェホのパフォーマンス次第では、ヘクターはベンチへと追いやられる可能性はあるだろう。

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker