Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年09月08日

チャンドラー、CBとして今季初先発か

Eintracht Frankfurt
アイントラハト・フランクフルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

800-1473260536
今夏のフランクフルトのCB事情は深刻だった。バンバ・アンデルソンが選手生命の危機にさらされている他、副主将を務めたマルコ・ルスが病気のために長期離脱、さらにカルロス・ザンブラーノの移籍や、レアルからレンタルで加入したヘスス・バジェホが負傷で離脱するなど、準備期間の大半はダヴィド・アブラームのみがオプションという状況がつづいていたのだ。

そのような危機的状況からCBでプレーしていたのが、本来は右SBを本職とするティモシー・チャンドラーである。今夏にマンチェスター・ユナイテッドからレンタルで獲得したバレラに開幕戦では先発の座を譲るなど、苦しい立場に置かれている米国代表なのだが、しかしヘクターが開幕戦の退場で出場停止、さらに代役候補バジェホがまだ個人練習を行うなど目処がたたず、チャンドラーはこのCBで今季初先発のチャンスをつかむことになるかもしれない。

チャンドラーは「僕はフレキシブルな選手だし、このポジションでも問題はないよ」と明かし「そこでプレーするなら、よろこんでプレーするだけさ」と意気込みを見せた。昨夏に米国代表の一員として参加したゴールドカップで、チャンドラーは半月板を損傷して大きく出遅れる結果となったのだが、「今回は7週間全てに参加して体調はすこぶるいいよ」と明るい表情を浮かべている。

なお今節はダルムシュタットとのヘッセンダービーがひかえているが、ダルムシュタットとの戦いを前にチャンドラーは「過小評価なんてできない。昨季彼らは良いシーズンを過ごしたんだ。闘争心と精力さをもって戦ってくるだろう。それを僕たちはしっかりと受け止めてチャンスで得点しないと」とコメント、「これは熱いダービーなんだ。タフな対人戦が目立つ試合となるだろう。でも僕たちには勝利するクオリティがある。開幕から連勝を飾れれば素晴らしいよね」と意気込みを見せた。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker