ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年10月14日

長谷部のバイエルン戦出場は疑問視「まだ疲労がある」

Eintracht Frankfurt
アイントラハト・フランクフルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

img_3406
この日は44度目となる自身の誕生日のことは二の次だ。

バースデーに行われるバイエルン戦を前に、「勝ち点を獲得したい」と宣言した指揮官は、その対策として「チームとしてディフェンスを行い、相手にあまり正確に切り返しを行うチャンスを与えないこと」とコメント。

今回はバイエルンが高いキープ率を誇ることになるだろうが、「しかし我々がキープした時には、サプライズを演じられるようにうまく活かさないとね」と語った。

この試合で欠場を余儀なくされるのが、長期離脱中(アンデルソン、メドイェノヴィッチ、シュテンデラ、ルス、バレラ、ブルーム、フルム)の選手たちだ。

だが木曜にチーム練習に復帰したアンテ・レビッチとオマル・マスカレルの状態については、「水曜部に練習に復帰しているし、痛みもなくいけそうだよ」と説明。

しかしその一方で、まだ木曜は個人練習をこなした長谷部誠に関しては、出場が疑問視されている。

日本代表主将は、今回の代表戦期間では東京、メルボルン、そしてフランクフルトへの長距離移動を強いられており、火曜に行われたオーストラリア代表戦ではフル出場。そこから29時間をかけて戻ってきているが、コヴァチ監督は「まだ疲れが残っているようだ」と明かした。

ここまで長谷部は、出場したリーグ戦4試合全てでフル出場している。

【先発予想】
フラデツキー – アブラーム, M. ヘクター, バジェホ – チャンドラー, オチプカ – マスカレル, フスティ – セフェロヴィッチ, ファビアン – マイアー


フランクフルトのファンがDFBにデモを展開?

またポカール1回戦での不祥事により、今回のバイエルン戦、インゴルシュタット戦での部分的無観客処分などが下されたフランクフルト。

ただし実際に騒動を煽動していた人物が、フランクフルトのファンではないことが動画で確認され、バイエルン戦での処分の減刑を求めていたのだが、最終的にこれが却下。

kickerが得た情報によれば、実行者は確かにフランクフルトのファンではなかったものの、以前にメンバーだった人物だったようだ。

そしてその判断の結果、過激なファンがバイエルン戦の前に「シグナルを送ろう」と決起を訴えるメッセージを投稿。

動向が注目されているところだが、ただし今のところは地元紙の情報によれば、まだ街に対してデモの申請は行われていないという。