Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年11月06日

日本人対決は長谷部に軍配、ケルンに完封勝利 代表復帰の大迫は不発に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブンデスリーガ第10節が11月5日に行われ、日本代表MF長谷部誠が所属するフランクフルトと同FW大迫勇也が所属するケルンが対戦した。

日本人所属チーム同士の激突となった一戦に、フランクフルトの長谷部は3試合連続となる先発出場。4日に発表された日本代表メンバーに約1年4カ月ぶりの復帰を果たしている大迫も、相棒のフランス人FWアントニー・モデストらとともにスタメンへ名を連ねた。

試合開始5分、早くも試合が動いた。右サイドを駆け上がったフランクフルトのティモシー・チャンドラーがクロスを上げると、DFに当たってボールのコースが変わる。これにエリア内のミヤト・ガチノヴィッチがいち早く落下地点へ移動し、ヘディングシュート。GKティモ・ホルンが反応するも及ばず、先制ゴールとなった。

勢いに乗るフランクフルトは24分、CKのセカンドボールを拾った長谷部が思い切りよく右足でミドルシュート。しかしボールはエリア内の味方に当たり、枠外へ外れた。

1点を追うケルンは大迫とモデストの2トップにボールが収まらない。結局前半に得点を奪えず、フランクフルトが1-0とリードしてハーフタイムとなった。

後半に入って50分、ケルンはハーフライン付近からパスをつなぎ、マルコ・ヘーガーが右サイドからクロス。これにエリア内で相手のマークを外した大迫が頭で合わせるが、ボールはわずかにポスト左へそれた。

その後もボールを支配するのはケルン。79分にはエリア右から上がったグラウンダーのクロスに、途中出場のシモン・ツォラーが飛び込んだ。しかし得点には至らない。

直後の80分、ケルンはCKのセカンドボールを拾い、右サイドからクロスを上げる。これを大迫がヘディングシュート。しかしGKルーカス・フラデツキーが落ち着いてセーブし、失点を阻止した。

試合終盤にかけて攻勢を強めるケルン。後半アディショナルタイムのCKでは、GKホルンも攻め上がるが得点を奪えず、ホームのフランクフルトが1-0で勝利を収めた。なお、長谷部と大迫はともにフル出場を果たしている。

次節、勝利したフランクフルトは20日にブレーメンと、敗れたケルンは19日にボルシアMGとそれぞれ敵地で対戦する。

【スコア】
フランクフルト 1-0 ケルン

【得点者】
1-0 5分 ミヤト・ガチノヴィッチ(フランクフルト)

きんg

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker