Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年11月10日

長谷部が語る「選手選考から見られる」ハリルの狙いとボランチの課題

Eintracht Frankfurt
アイントラハト・フランクフルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本代表は9日、キリンチャレンジカップ2016のオマーン代表戦(11日@カシマ)と2018 FIFAワールドカップ ロシア アジア最終予選サウジアラビア戦(15日@埼玉)に向けて、鹿嶋市内で合宿4日目のトレーニングを行った。

所属するフランクフルトで本職のボランチではなくリベロとしてのプレーが続いているMF長谷部誠は、「クラブで求められていることと、日本代表で求められていることはちょっと違うので、そこの切り替えをしっかりしなきゃいけない」と話した。

今回の守備的MFには、長谷部に加えて、永木亮太(鹿島アントラーズ)、山口蛍(セレッソ大阪)、井手口陽介(ガンバ大阪)が招集されており、よりボール奪取を得意とする4名が揃った。「選手の選考から見られる監督のやりたいサッカーを感じ取ることはできる」という長谷部は、「サウジアラビアは中盤にドリブル好きの選手がいますから、そういう選手に対してボールを奪う能力が求められているというのは感じる」とヴァイッド・ハリルホジッチ監督の狙いを分析した。

しかし、ドイツで9シーズン目を迎えた長谷部は、「日本人選手のプレッシャーに行く距離感や、球際でしっかりボールを奪う部分は間違いなくヨーロッパのトップレベルと比べればかなり差がある」と続け、「それは最近の話ではなく今までの日本サッカーの課題だと思うし、これからの課題でもあると思う」と指摘。

さらに、「ヨーロッパのスタンダードとして中盤の6番とか8番の選手は、足元がうまくてゲームメイクがある選手でも明らかにボールを取る能力もかなり高いし、この世界のスタンダードとして最低限求められていること」と攻守におけるレベルアップが必要だとし、「ゲームをコントロールするというのは、この4人の選手もやらなければいけないこと。自分の特徴を出しながらもやっていかないといけない」と話した。

また、初招集の井手口や、2012年2月以来のA代表復帰となったFW久保裕也(ヤング・ボーイズ)など新戦力も加わった。「新しい選手が入ってきたことはポジティブなこと」という長谷部は「とにかく若い選手たちには伸び伸びとやってほしい。何もプレッシャーを感じることなく、プレッシャーは経験あるものが背負うものだと思うし、とにかく思い切りやってチームをかき回すじゃないですけど、いい意味で刺激を与えてほしい」と期待を寄せた。

きんg

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker