Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年11月17日

タワサが再び負傷、残り前半戦全休へ

Eintracht Frankfurt
アイントラハト・フランクフルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

aaa-1479230829
イスラエル代表に参加していたタレブ・タワサだったが、その練習中に右膝を負傷。

火曜日に受けた精密検査の結果、内側即副じん帯の部分断裂のため「4〜5週間の離脱が判明した」とコヴァチ監督は明かしており、残りの年内の試合は全休することとなった。

今夏にマカビ・テルアビブから加入した同選手は、入団後まもなくして鼠蹊部に骨折を抱えて長期離脱。

第4節から復帰を果たすと、リーグ戦の1試合ごとに試合の終盤から投入される形で出場を続けているところだった。

コヴァチ監督は「怪我は最小に食いとどめたいと思うが、サッカーではこういうことも避けられないよ」とコメント。

なおタワサの左サイドバックにはオチプカがプレーしており緊急事態とまではいえないが、右サイドバックでは同じく今夏加入のバレラが長期離脱。

現在はチャンドラーがプレーしており、レゲゼルの離脱も重なったことからも、サイドバックでは両サイドでオプションが他にない事態に陥っている。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker