Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年11月28日

チームは絶好調もマイアー「それでも僕たちは降格した」

Eintracht Frankfurt
アイントラハト・フランクフルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

meier800-1480268825
これまでアイントラハト・フランクフルトで325試合に出場しているアレックス・マイアー。しかし12試合で勝ち点24、4位というこれほどまでの好調ぶりは、33歳のキャプテンにとっても初めてのことだ。

だがそれでも決して冷静さを失うことはなく、kickerとのインタビューの中で「もしもトップクラブたちが本領を発揮するなら、僕たちには6位以内に入るチャンスはないだろう。今は上につけているけど、これを保つにはいろんな条件が重なる必要があるよ」と語った。

それは過去に自ら経験したことからも言えることだ。

「2010/11シーズンに、僕たちは勝ち点26を稼いで冬季休暇に入った。でも最終的には2部降格を喫している。だから僕たちは、そんなにいい状態がつづくはずがないということがわかっているんだよ」

この成功に大きく寄与しているのが、昨季終盤から就任したニコ・コヴァチ監督だ。「彼はピッチの内外で規律をとても重視する監督だ。もしもオフでルーズにして、いざ試合で集中するとしてもそれは難しいことだからね」


そして今回の好調は、何も偶然のことではないことも強調している。「成功への秘訣はハードに取り組むこと以外にない。僕たちは練習のハードさでも量でもかなりのものをやってきたからね。それにうまくいっていることで自信も蓄積されている。」


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker