ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年02月16日

タワタ「後悔はしていない」

Eintracht Frankfurt
アイントラハト・フランクフルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

tawatha8-1487185472
昨夏にマカビ・ハイファより移籍金130万ユーロで加入した、タレブ・タワタ。「母国イスラエルではとても話題になったよ」と語った24歳のイスラエル代表だが、しかしながらここまでリーグ戦での出場は、わずか21分間にとどまっているところだ。

特に先発デビューとなったポカールでは、kicker採点5という散々な結果で69分間で交代を告げられており、「とてもエキサイトしすぎたことが影響したのだろう。」と同選手。それでも「移籍を後悔したことはない」と
言葉を続けた。

一方で2度の負傷も考慮して、コヴァチ監督は「イスラエルから来たのだし、怪我から体を作る必要がある。空回りしていたのかもしれないね」と擁護。「小さなリーグから来た選手んは時間を与える必要があるさ。彼は意欲的に覚えているし、練習でも頑張っている。1試合で判断するようなことはないよ」と述べている。

なお昨夏には日本ツアーを計画するも中断したフランクフルトだが、今夏は米国にてツアーを実施。MLSのクラブ3チームとのテストマッチを予定しており、「彼らは3月から開幕しているし、米国は重要な市場だ。国際化に向けて重要なステップだよ」とマネージャーのボビッチ氏は語った。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報