ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年02月18日

コヴァチ監督、インゴルシュタットを警戒

Eintracht Frankfurt
アイントラハト・フランクフルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_4052
「インゴルシュタットは17位に沈むようなクオリテイをもったチームではない。最後の最後まで戦う厄介なチームだ」と語ったコヴァチ監督。

その頭の中で思い浮かべているのは、ポカールで延長戦の末、PKで勝利したときのことであろう。

「我々は決してトップクラブではないし、インゴルシュタットを過小評価するつもりはないよ。彼らは1部残留を果たせる、落ちるようなクオリティではない」と指揮官は警戒。

なお大腿筋に過度伸展を抱えていたダヴィド・アブラームについては、「明日は先発するよ」コメント。「インゴルシュタットにはスピードのあるFWがいるし、アブラームにはうまく対処してもらいたい」との考えを示している。

またガチノヴィッチの代役については「いい解決策がある」と語っており、おそらくはレビッチがバルコクとともに左右のウィングコンビを形成することだろう。