ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年02月26日

オチプカ「長谷部のベストは3バックの時」

Eintracht Frankfurt
アイントラハト・フランクフルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_4102
週末に行われるヘルタ・ベルリン戦では、バジェホの負傷とアブラームの出場停止により、本職である左SBから、CBへとスライドする可能性があるバスティアン・オチプカ。

そのCBについては、「3バックではよくプレーしているし全くしらないわけではない」とコメント。「流れについてはちゃんとわかっているよ」と言葉を続けた。

アブラームの代役については引きつづきヘクターということになるだろうが、もう1つの注目点としては、ここのところ5度の対戦で18得点も記録している5位ヘルタ戦にて、フランクフルトが4バックで臨むのか、それとも3バックで臨むのかがあげられるだろう。

仮に3バックならば、その中央に入るのはMFの長谷部誠ということになるが、オチプカは「長谷部が最高のパフォーマンスを見せたのは3バックのとき。彼の経験と確実性で安定感をもたらしてくれる」と評価。

ただしその一方で「彼の起用法は難しいテーマなんだ。例えばダルムシュタット戦ならば、より攻撃的にいくからダブルボランチでいくことになるからね」との見方も示しており、加えてそのダブルボランチの一角をしめるマスカレルも出場停止であることは、コヴァチ監督にとって頭の痛い問題だ。

また最近の試合について、オチプカは「パスミスで自分たちを苦しくした。もっと集中して、前半戦でみせたアグレッシブさをみせないと」と反省しており、「インゴルシュタット戦はとても落ち着きがなくて良いサッカーじゃなかった。ロングボールとパスミスが多かった。もっと良くしないと」とコメント。

「特に僕たちが悪い流れになったとは思わないけど、土曜の試合では別の顔をみせないといけない。ただそのためにはちょっとした所を修正していけばいいと思う」との考えを語っている。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報