ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年03月01日

長谷部欠場のフランクフルト、10年ぶりDFB杯4強入り…ルスが昨年5月以来の復帰

Eintracht Frankfurt
アイントラハト・フランクフルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

DFBポカール準々決勝が2月28日に行われ、日本代表MF長谷部誠の所属するフランクフルトとビーレフェルト(2部)が対戦した。

直近のブンデスリーガ3試合で完封負けが続いているフランクフルト。2部のクラブをホームに迎え、勝利で復調のきっかけを掴みたいところ。長谷部は発熱により、今シーズン公式戦初のメンバー外となった。

試合は開始6分、フランクフルトが幸先よく先制に成功する。タレブ・タワサがアンテ・レビッチとのワンツーで左サイドを抜け出してクロス。中央で相手DFに触れられたが、ボールはファーサイドに流れ、フリーのダニー・ブラムが左足で押し込んだ。

1点リードのまま折り返したフランクフルトは、後半にビーレフェルトの反撃に遭う。51分、アンドレアス・フォクルザマーがエリア内右に抜け出して左足シュート。直後のCKから、ファビアン・クロスがこぼれ球をゴール前で押し込もうとするが、いずれもGKルーカス・フラデツキーに阻まれた。

さらに85分にはエリア内へ抜け出したクリストファー・ネーテにシュートを許すが、これもGKフラデツキーがセーブ。猛攻を凌いだフランクフルトは後半アディショナル2分、アイメン・バルコックを下げてマルコ・ルスを送り出す。ルスは2016年5月、片側の睾丸に見つかった悪性腫瘍の摘出手術を受けて長期離脱を強いられていたが、285日ぶりの復帰を果たした。

試合はこのままタイムアップを迎え、フランクフルトが1-0の勝利。10年ぶりにベスト4へ駒を進めた。

【スコア】
フランクフルト 1-0 ビーレフェルト

【得点者】
1-0 6分 ダニー・ブラム(フランクフルト)

きんg

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報