ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年03月01日

フランクフルト長谷部、発熱でDFB杯欠場…ルスが腫瘍摘出後初のメンバー入り

Eintracht Frankfurt
アイントラハト・フランクフルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フランクフルトに所属する日本代表MF長谷部誠が発熱により、2月28日のDFBポカール準々決勝ビーレフェルト(2部)戦を欠場することとなった。クラブ公式ツイッターが伝えた。

また、ドイツ人DFバスティアン・オツィプカも足首の関節を痛めて欠場が決定。長谷部とオツィプカは今シーズンの公式戦で初のメンバー外となった。

その一方で、長期離脱していたドイツ人DFマルコ・ルスが腫瘍摘出後初のメンバー入りを果たした。ルスは2016年5月、片側の睾丸に悪性腫瘍が見つかり、同月下旬に手術を受けていた。



きんg


 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報