ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年03月06日

長谷部、ブンデス日本人最多の235試合出場を達成! 31年ぶりに記録更新

Eintracht Frankfurt
アイントラハト・フランクフルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 フランクフルトに所属する日本代表MF長谷部誠が、日本人選手のブンデスリーガ最多出場記録を31年ぶりに更新した。

 長谷部は5日に行われたブンデスリーガ第23節のフライブルク戦に先発出場。これで同リーグ通算235試合目の出場を果たし、奥寺康彦氏がケルン(1977〜80)とブレーメン(1981〜86)で記録した234試合を上回った。

 現在33歳の長谷部は2008年1月に浦和レッズからヴォルフスブルクに移籍。翌2008-09シーズンには日本人で奥寺氏以来31年ぶりのブンデスリーガ優勝を経験した。その後、2013年夏に移籍したニュルンベルクを経て、2014年夏にフランクフルトに加入。ブンデスリーガ通算234試合出場で7ゴールを記録している。

■ブンデスリーガ日本人選手出場数トップ5(2017年3月5日現在) 
長谷部誠 235試合
奥寺康彦 234試合
高原直泰 135試合
酒井高徳 130試合
岡崎慎司 128試合
きんg


  • ブンデスリーガ・各チーム情報