ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年03月06日

長谷部誠、ブンデス日本人最多出場達成も続く挑戦「突き抜けた記録を目指したい」

Eintracht Frankfurt
アイントラハト・フランクフルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加



 フランクフルト所属の日本代表MF長谷部誠が、31年ぶりに新たなブンデスリーガ日本人最多出場記録を打ち立てた。

長谷部は5日に行われた第23節のフライブルク戦で3バックの中央に入り先発出場。ブンデスリーガでの通算出場数を235試合に伸ばし、元日本代表の奥寺康彦氏(現横浜FC会長)が樹立していた日本人最多出場記録を破った。

「通過点って言いたいですけど、正直、記録を意識していなかったので特に……」。31年ぶりの偉業達成も、長谷部は今までどおりの謙虚な姿勢を崩さなかった。チームはこの日、逆転負けでリーグ戦4連敗。前節に続いてキャプテンマークを託されたが、勝利で飾ることはできず、「チームの結果が全て」と淡々と話した。

長谷部のドイツでの挑戦は2008年1月に浦和レッズからヴォルフスブルクに移籍して始まった。その後、ニュルンベルク、フランクフルトと渡り歩いてきた長谷部は「僕は記録とか何かを打ち立てるような選手ではない」と言うが、それでも異国の地・ドイツで日本人の新たな記録を樹立することができたのは、これまで数々の指揮官やチームメイトから信頼を勝ち取り続けた証だ。

「積み重ねるのは簡単なことではないと分かっているし、これまで大きなケガもせず、試合にコンスタントに出なければ(記録は)打ち立てられなかった。もちろん周りの人の協力もあり、自分の中でもサッカー選手として今まで突き詰めてやってきた部分はあるので、それが結果や記録として評価されるのは嬉しい」

ブンデスリーガでのデビューから9年。「いいときだけでなく、そうでないときも多くを経験してきたので、振り返れば長かった」。その言葉の重みが物語るように、ドイツで遂げた成長は大きい。「日本にいたら感じられなかったことを多く感じられていると思う。外から日本を客観視することができているし、いろんな視野を持てる部分は大きく変わった」。

ドイツで活躍を続けてきた長谷部は、日本人選手のブンデスリーガ最多出場記録更新という1つの通過点を“無意識”のまま駆け抜けた。そして「これから先もっともっと記録は伸ばしていかないといけないし、逆に若い選手に抜かれないぐらい突き抜けた記録を目指してやりたい」と今後も変わらぬ姿勢で挑戦を続けていく。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報