ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年04月15日

バジェホ復帰、マスカレルも怪我を押して出場か

Eintracht Frankfurt
アイントラハト・フランクフルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

800-1492093992
土曜日に行われるボルシア・ドルトムント戦では、ニコ・コヴァチ監督はヘスス・バジェホを再びオプションとして加えることができそうだ。さらにオマル・マスカレルについても、アキレス腱に痛みを抱えている状態ながら、強行出場することになる模様。また左サイドバックのバックアッパーであるタレブ・タワサは、足首の負傷により練習を中断、週末の試合は欠場を余儀なくされることとなった。

今回の試合を前に、ニコ・コヴァチ監督は「難しい試合になるだろう」と予想。その理由についてはドルトムントがそもそも、「ホームで非常に強い」チームであり、さらに先日のバス爆発により「ドイツ中からの後押しがある」との考えを示している。

「あそこで起こったことは想像できないことだ。バスに座るとそのことをかんがえずにはいられないよ。それからサッカーのことを考えるのは難しいものだ。前半では、ドルトムントが本来あるべき姿をみせていなかったのは明らかだ。そういった観点からも、延期してもよかったのではないかと思う。ただ今日のビジネスではそうもいかないものだ。ただむしろそれもよかったという考え方もあるかもしれないし、わからないよ。ただ1つ言えることは、水曜日の試合では、ドルトムントはとてもつらい気持ちを感じていただろうということだ。」

その一方で先日のブレーメン戦で、2度ふくらはぎに、さらに大腿にも打撲をうけて欠場を余儀なくされていたヘスス・バジェホについては、「今週は一緒にずっと練習できたし。かなりよくなっているよ」と指揮官。今節では再びオプションということになりそうだ。

またアキレス腱の問題を数週間前から抱えているマスカレルについては、火曜日の練習では参加を見合わせる場面がみられたものの、「チーム練習に参加できているし、確かに痛みはあるが医療スタッフが日々頑張ってくれてる。回復は見られているし、数週間やすませなくてはならないという状態ではないと思うよ」と起用する方針を述べた。





vsドルトムント先発予想:フラデツキー – バジェホ, アブラーム, オルドネス – チャンドラー, マスカレル, ガチノヴィッチ, オチプカ – ホルゴタ, ファビアン – レビッチ


  • ブンデスリーガ・各チーム情報