ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年04月25日

フラデツキー「グラードバッハに苦手意識があれば」

Eintracht Frankfurt
アイントラハト・フランクフルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Lukas Hradecky Frankfurt Eintracht Frankfurt vs Borussia Moenchengladbach Fussball Bundesl
11年ぶりのポカール決勝進出に向けて、あと1勝にせまったアイントラハト・フランクフルト。

ニコ・コヴァチ監督は「ドイツ中の注目を浴びることになる。大きなことを成し遂げる可能性があるんだ。選手は自分にとっても、このクラブにとっても歴史を記すことができるんだよ」と語った。

一方でマネージャーを務めるフレディ・ボビッチ氏は、グラードバッハ戦にむけて「我々としては失うものよりも得るものの方が多い。グラードバッハの方が本命だ。」とコメント。「我々より相手にプレッシャーがある。ただ我々には得るものしかないよ。とにかく全力をつくす」と言葉を続けている。

なお今季グラードバッハとは2度対戦し、ともに0−0と痛み分けに終わっているが「2試合ともにいい戦いを演じているし、相手が不安を感じてくれればいんだけどね」と、ルーカス・フラデツキー。

特にフランクフルトでは、オフェンスの不振から10試合未勝利が続いたが、前節のアウグスブルク戦で食い止めており、「どれほどの緊張感があったか、前半ではそれを見て取ることができただろう。ポカールの前であのような試合ができて、タイミングはとてもよかったね」との見方を示した。

「あの勝利は準決勝に向けても助けとなるよ。得点することもできたしね。自信があるのとないのでは別物だ。チーム一丸となって戦うことができるだろう」

また今回は、負傷などによりメンバー外となった選手も帯同しているが、「試合の意味の大きさだけでなく、チームとしての一体感を示しているものだといえるだろうね」とコヴァチ監督は目を細めている。

vsグラードバッハ先発予想:フラデツキー – チャンドラー, アブラーム, オルドネス – M. ヴォルフ, マスカレル, ガチノヴィッチ, オチプカ – レビッチ, ファビアン – セフェロヴィッチ


  • ブンデスリーガ・各チーム情報