ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年04月26日

フランクフルトがPK戦制し11年ぶりのドイツ杯決勝進出…長谷部はスタンド観戦

Eintracht Frankfurt
アイントラハト・フランクフルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

DFBポカール準決勝が25日に行われ、ボルシアMGと日本代表MF長谷部誠の所属するフランクフルトが対戦した。長谷部は負傷によりメンバー外となり、スタンドで試合を見守った。

試合はフランクフルトの先制で動く。15分、ティモシー・チャンドラーがアーリークロスを入れると、ボールはファーサイドに流れる。ペナルティエリア内左でフリーだったタレブ・タワサがダイレクトで左足を一閃。強烈なシュートがゴール左上隅に決まった。

しかし、ボルシアMGは前半アディショナルタイム2分、イブラヒマ・トラオレが左サイドからクロスを供給。ニアサイドのアンドレ・ハーンが頭で後方に流すと、ゴール前のヨナス・ホフマンが押し込んで同点とした。

1-1で迎えた後半は両チームとも決め手を欠き、膠着状態のまま90分が終了。延長戦に突入したが、それでもスコアは動かず、勝負はPK戦へ。

先攻のボルシアMGは7人目と8人目が相手GKルーカス・フラデツキーにセーブされると、後攻のフランクフルトは7人目を相手GKヤン・ゾマーに阻まれるが、8人目のブラニミル・フルゴタがきっちりと左隅に決めて勝負あり。

フランクフルトが7-6でPK戦を制し、11年ぶりの決勝進出を果たした。敗れたボルシアMGはあと一歩のところで22年ぶりの決勝進出を逃した。

【スコア】
ボルシアMG 1-1(PK戦:6-7) フランクフルト

【得点者】
0-1 15分 タレブ・タワサ(フランクフルト)
1-1 45+2分 ヨナス・ホフマン(ボルシアMG)


きんg


 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報