ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年04月28日

重要な一戦でアピールに成功したヘクター

Eintracht Frankfurt
アイントラハト・フランクフルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

hector8-1493307103
昨夏にチェルシーから、レンタルにてフランクフルトに加入したマイケル・ヘクター。しかし第26節までは先発とベンチスタートを繰り返し、第22節より4試合続けて先発出場したものの、それ以降の4試合では出場機会が巡ってくることはなかった。

同選手について、ニコ・コヴァチ監督は「彼は無頓着なところがあって、サッカーの世界では時折それは悪影響を及ぼすことがある。我々監督としてはそれを受け入れるわけにはいかないんだ。ただどの選手が必要であることも確かだし、その時がきたならピッチに立つ日もくる」とコメント。

そしてオルドネスやバジェホ、長谷部誠の離脱などの影響で、先日のグラードバッハとの重要なDFBポカールにて先発起用。試合後コヴァチ監督は「長身をいかして、とてもうまくやってくれたね」との評価を口にした。確かにジャマイカ代表CBにとって、この日のパフォーマンスは移籍後ベストのものだったといえるだろう。

確かに後半51分には、不用意に攻め上がったところを突かれて危険な場面を作り出してしまったところはある。しかしここはアブラームがしっかりとカバーしており、それ以外については納得のパフォーマンスを見せていた。

今節も負傷者が相次いでいることから、ヘクターに先発のチャンスが巡ってくる可能性はある。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報