ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年05月09日

ロベルト・コヴァチACが窃盗犯を取り押さえる

Eintracht Frankfurt
アイントラハト・フランクフルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

robertkovac800-1494339879
アイントラハト・フランクフルトでACをつとめるロベルト・コヴァチ氏が、泥棒を取り押さえていたことがあきらかとなった。

コヴァチ氏によれば、「犬を散歩していた時に、草陰に身をひそめる一人の男がいたんだ。そして年配の男性が銀行に入っていくときに立ち上がったんだよ。そのときに怪しいと思った」とのことで、「それから年配の男性が銀行から道をわたると、その男も付いていった」という。

すでに暗くなってきていたために「見難くなった」が、そのときに「泥棒!」「警察を!」という叫び声が聞こえると、黒い服に身を包んだ男がコヴァチ氏の方向に向かって走っていったという。

「それから50メートルほど、その男を追いかけ、そしてヘッドロックをして取り押さえたのさ」とコヴァチAC。

その後にレストランに連れていき、警察へと連絡。「数分して、警察が到着した」ので引き渡したとのこと。

警察の広報担当は「しっかりとトレーニングされているんですね」と語った。

一方のコヴァチ氏は、「無意識に反応してしまったんだ。困っている人を助ける、市民としての義務を果たすことは重要なことだよ」と述べながらも、「しかし同じ行動が取れるかは場合にもよる。今回はこのような結果となってよかったよ」と言葉を続けている。

セフェロヴィッチとシュテンデラが離脱か

なお火曜の練習では、ハリス・セフェロヴィッチが膝をひねって負傷。患部をバンテージで分厚く巻いてその場をあとにした。負傷の度合いなどについては、同選手はとくに明かしていない。

さらにマーク・シュテンデラが、膝の検査のために専門医の下をおとずれた。昨年5月に行われたニュルンベルクとの入れ替え戦に、膝に重傷を負い、その後に手術を受け先日のホッフェンハイム戦で、ようやく実戦復帰を果たしたばかりだったのだが、まだ特に診断結果についてはあかされていない。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報