ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年05月19日

シュテンデラが左膝を手術、残り2試合欠場へ

Eintracht Frankfurt
アイントラハト・フランクフルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

800-1495121274
マーク・シュテンデラから負傷という言葉が消える日は、まだしばらく先のこととなってしまった。

3週間前に前十字靭帯の断裂から復帰を果たしたばかりの21歳のMFだが、今度は外側半月板の損傷により離脱を余儀なくされるという。

木曜日には同選手は、関節内視鏡による手術を左膝に受けており、これでリーグ戦最終節のみならず、ポカール決勝も欠場。

マネージャーを務めるフレディ・ボビッチ氏は、「あれだけの長期離脱を経て復帰していただけに、とても心が痛むよ」とコメント。

「我々はうまくいくように、そして早期に回復するようにナガっているし、来季に向けた準備期間までにしっかりと回復していることを期待している」とエールを送っている。

すでに今週のはじめから、同選手は膝の痛みを訴えており、腱を負傷しているヘスス・バジェホ、そしてかかとに炎症を抱えていたアレックス・マイアーとともに個人練習をこなしていた。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報