ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年05月19日

ポカール決勝前のハードテストに臨むフランクフルト

Eintracht Frankfurt
アイントラハト・フランクフルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

imago28379612h-1495198042
今季最終節にむけた練習では、出場が危ぶまれているアレックス・マイアーとヘスス・バジェホを含む、「22選手が集結した」フランクフルト。ニコ・コヴァチ監督は「嬉しいし、楽しいよね」と明るい表情をみせた。

さらにそのなかにはオルドネスやメドイェノヴィッチの姿も見受けられており、「全員が痛みなくこなせているよ」と指揮官。特にマイアーとバジェホについては、ライプツィヒ戦では「ベンチに戻ることになるだろう」と明かした。

なおすでにリーグ戦では今回は消化試合となるが、ポカール決勝に向けて「リズムをキープするために」決して手を抜いて戦うようなことはしないと宣言。

「全く同じというわけではない」ものの、決勝であたるドルトムントと同様に、スピードをいかした素早いカウンターからのオフェンス力を誇るライプツィヒを1つのハードテストとしてみているところだ。

ただその一方でこの試合では、オマル・マスカレルが欠場、同選手は検査のために医師の下へとむかっており、離脱期間など詳しい状況についてはまだ明らかになっていない。

またフランクフルトは、U19のFWレナト・ダダショフとプロ契約を結んだことを発表した。マネージャーを務めるフレディ・ボビッチ氏は「大きな才能をもった選手。トップチームまで引き上げて行きたいね」と期待感を示している。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報