ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年05月30日

フランクフルトがガチノヴィッチとの契約を延長

Eintracht Frankfurt
アイントラハト・フランクフルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

gac8-1496148088
アイントラハト・フランクフルトは、2019年までとなっていたMFミヤト・カチノヴィッチとの契約を、さらに2021年まで延長したことを発表した。

マネージャーを務めるフレディ・ボビッチ氏は、「ミヤトがこのチームにとって重要なのは、何も最近ポリバレントなスタイルで貢献してくれているだけではない。昨季もこのチームの成功に大きく関わった選手だ」と評価。「2年間の延長に成功した」ことへの喜びを語った。

ボビッチ氏が指摘するポイントは、後半戦からフランクフルトは、ボランチ陣に離脱者が相次いだ上に、フスティが中国へ復帰したことで中盤が駒不足に。そこでガチノヴィッチがボランチやCMFとしてプレーしたのだが、長期的構想を抱かせるほどに穴埋めを果たしている。

2015年夏にフランクフルトに加入したガチノヴィッチは、今季はブンデス28試合に出場して2得点、kicker採点平均3.91をマーク。ポカールでは6試合に出場し、先日の決勝では同点ゴールをあげた。

「とても信頼を感じる」と延長に喜びをみせたガチノヴィッチは、「これからもチームの助けとなり、ともに成功をおさめていきたい」と意気込みを見せている。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報