ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年09月27日

アレックス・マイアーの手術が無事に成功

Eintracht Frankfurt
アイントラハト・フランクフルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


先日にフランクフルトは、復帰を目指していたアレックス・マイアーが再び手術を受けることを発表していたのだが、それが火曜日に無事行われたことが明らかとなった。

昨季の終盤ではかかとの問題により長期の離脱を余儀なくされたマイアーは、今夏は休暇先のフロリダにてランニング中に足首を負傷。腫れと痛みの問題から休養を切り上げ、検査をうけるために一路スイスへと向かい手術を受けることに。

しかし今度はその10日後になって、右足の治療の一環として行われた血液検査の結果でボレリア症に感染していたことが発覚。それからここまで復調をめざし、復帰時期としてはおそくとも10月はじめにはチーム練習復帰が見込まれているところだった。

だが再び手術を受けることになった同選手は、月曜日にバーゼルへと向かい、そこで自身が信頼をおく医師の執刀の下、神経を自由にする手術を受けている。

なお離脱期間については、まだ未定のままとなっており、これから数日間様子を見ながら、医師との相談を行なっていくとのこと。

その一方で火曜日の練習では、守護神ルーカス・フラデツキーが背中の問題により午後の練習を欠場。ただしあくまで念のために大事をとったことがあとになって発表されており、明日にも再び練習参加を果たせる見通しだ。