ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年10月06日

フランクフルトの新戦力、ウィレムス「ここまではまぁまぁかな」

Eintracht Frankfurt
アイントラハト・フランクフルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


今夏にフランクフルトへと加入したイェトロ・ウィレムス。ここまでについては「出だしとしては、まぁまぁといったところじゃないかな。まだまだよくしていかなくてはならないところはあるけれど」と振り返り、「僕の目標としては日々、どの練習でも、どの試合でも、少しずつだけど確実に成長していくということにある。ミスをおかしたならば、それに取り組んでそれを無くしていく。そして自分のいいところをしっかりと発揮するんだ」と語った。

なお「フランクフルトに来たのは、僕は新しいプレースタイルを習得するためなんだ」ともコメント。「例えば精力的なプレーであったり、より多く深い位置に侵入するというような動きなどだよ。ここまでの僕というのは、ボールを持つことを好み、そして多くのパスやセンタリングを供給するようなタイプだったんだ。」と言葉を続けている。「監督は僕に、左サイドを押し上げていくことを期待している。ボールをもったときには、1vs1で仕掛けることを模索したり、チャンスをつかめるようにトライしていくよ。」

またチームの状況については「出だしとしてはまぁまぁだと思う。この時期でこれだけの状況というのは、満足できるものじゃないかな。でも確かなことは、僕たちはもっと勝ち点を多くえられたであろうということ。」と悔しさもにじませており、「守備面に関してはだいたいでいいとは思うし、あまり相手に隙を見せてはいないとはおもうんだけど、でもオフェンスだね。こっちではもっとうまくチャンスをいかせないといけない。それさえできていれば、勝利を収められると思うんだ」と課題もあげた。