ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年10月27日

コヴァチ監督、マインツ戦での重要性強調も「ダービーではない」

Eintracht Frankfurt
アイントラハト・フランクフルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


本日金曜日に行われる試合は、マインツの本拠地オペル・アレナと、フランクフルトの本拠地コメルツ・バンク・アレナは、わずか40kmしか離れていない近隣クラブ同士の対決でも注目される試合だ。

さらにこの試合はナイターでの開催ということもあり、フランクフルトのニコ・コヴァチ監督は「照明に照らされる中での試合には、独特な雰囲気があるものだよ。サッカー選手冥利につきるというものだね」とコメント。「そしてこの試合はマインツにとっても、我々にとっても重要な一戦なのだ。勝ち方の問題ではない。いかに結果を残せるかが重要だよ」と意気込みをみせた。

ただしダービーという気運に関しては、コヴァチ監督は異なる州ということからも否定的な見方を示しており、「これはあくまで『ライン=マイン対決』だよと、あくまでダービーの位置付けは同じヘッセン州のダルムシュタットやオッフェンバッハとの見方を強調。ここのところはいい結果が続いているだけに「この流れを続けて代表戦に入りたいね」と語っている。

なおこの試合では、タレブ・タワサが風邪のためにメンバーから外れることとなったが、このことについてはコヴァチ監督は「秋だねぇ」と、笑顔を浮かべて語っており、そのほかには長期離脱中の選手をのぞき全てがオプションという状況となった。

その一方でフランクフルトは木曜、デジ・ベイロイターとプロ契約を締結したことを発表した。今冬にFSVフランクフルトから加入した18歳の左サイドバックは、先日行われたシュヴァインフルト戦にてトップチームデビューを果たしており、新たな契約期間は2021年までとなっている。

マインツの先発予想:ツェントナー – ドナティ, ベル, グバミン, ブロシンスキ – ラッツァ – S.セルダー, F.フライ – デ・ブラシス, フィッシャー – 武藤嘉紀

フランクフルトの先発予想:フラデツキー – アブラーム, 長谷部誠, ファレット – K.-P.ボアテング – M.ヴォルフ, ウィレムス – デ・グズマン, ガチノヴィッチ – ハーラー, レビッチ


  • ブンデスリーガ・各チーム情報