ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年11月04日

長谷部誠がブレーメン戦で先発復帰、フル出場

Eintracht Frankfurt
アイントラハト・フランクフルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


今シーズンは膝の問題により3試合を欠場している長谷部誠。最近では、前節のマインツとのライン=マイン・ダービーで欠場を余儀なくされていたのだが、金曜夜に行われるヴェルダー・ブレーメン戦では先発復帰を果たした。

「誠は全ての負荷をかけることができるし、ここ三日間は全ての練習に参加することができた」とニコ・コヴァチ監督は前日のプレスカンファレンスにてコメント。その言葉通り、日本代表主将はスターティングメンバーに名を連ねている。

33歳のベテランMFは、最近フランクフルトではリベロとしてもチームの守備を支えるなど、そのポリバレントさを活かしてチームに貢献。今季はここまでリーグ戦10試合中7試合すべてでフル出場を果たしており、ここまでkicker採点平均3.29と好成績を記録しているところだ。

なおこの試合では鎌田大地もベンチメンバーに入ったが出場はなく、一方の長谷部誠はボランチとしてフル出場を果たし、チームも暫定監督で迎えたブレーメンから試合終了まぎわのハラーのゴールで勝利を収めた。

【試合スタッツ】
長谷部誠、フル出場:
シュート数0、アシスト性のパス0、タッチ総数55、総走行距離11.24km、対人戦勝率60%、パス成功率80%


  • ブンデスリーガ・各チーム情報