ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年11月06日

「これがずっと続けば…」 長谷部、右ひざは「間違いなく良くなっている」

Eintracht Frankfurt
アイントラハト・フランクフルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 10日にブラジル代表、14日にベルギー代表と対戦する日本代表が、5日からフランス・リールで合宿を開始。主将のMF長谷部誠(フランクフルト)が自身のひざの状態について話した。

 昨シーズン終盤に手術をして以降、右ひざは「やっぱりいい時もそうでない時もあるので、本当に様子見って感じです」という状況が続いている。それでも「間違いなく、今は良くなってきているので、これがずっと続けばいいなっていう感覚は自分の中であります」と、完治に近づいている実感があるようだ。

 また、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督が初招集したMF森岡亮太(ワースラント・ヴェフェレン)とMF長澤和輝(浦和レッズ)については、次のように期待を寄せている。

「ここにいるということは、監督に評価されているということ。おそらく監督は、今回の相手に対して自分たちがどういう形のサッカーをするかっていうのを頭に描いていて、そこに選手をはめている気がするので、それを選手がしっかりと理解することが大事だと思います」


きんg
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報