ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年11月14日

ハリルの要求に同調する主将・長谷部「大人しい選手が多すぎるなと」

Eintracht Frankfurt
アイントラハト・フランクフルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本代表のキャプテンを務めるMF長谷部誠(フランクフルト)は、完敗を喫したブラジル戦を経て、改めて「ピッチの中でもっとコミュニケーションを取らないといけない」と感じたようだ。

 日本代表は13日、翌日に迫ったベルギー戦に向けてトレーニングを実施。長谷部は、「できる状態ではあるんですけど、今日は別で」と、別メニューでの調整となったことを明かした。

 ひざの状態については「別に悪くなっているわけでもない」が、翌日の出場については「監督が決めることなので。チーム(フランクフルト)との関係性と言ったらあれですけど、コンタクトもとっていると思うので。そういう部分でいろいろあると思います」と、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督の判断に委ねる構えだ。

 その指揮官とはチーム全体として積極的にコミュニケーションを取り、ブラジル戦からの改善に努めた。だが、「監督はまだまだ、もっともっと言ってきてほしいと。あとはピッチの中でもっとお互いがコミュニケーションを取ってほしいと言っています」と、要求を満たすまでは至っていない。

 長谷部もハリルホジッチ監督の意見に「ごもっとも」と同調し、実際にピッチに立つ選手が積極的に話し合う必要があると述べた。

「大人しい選手が多すぎるなって感じている部分はあるので。もちろん監督にそうやって言われて、今日はピッチで選手同士がすごく話していましたし、それをずっと継続していけばより良くなっていくんじゃないかなと思います」

「若い選手は初めてブラジルと対戦して、世界のレベルはすごいと思ったって言っていました。そこは経験のある選手とそうでない選手で差があると思うけど、やはりあの試合の中でもっとコミュニケーションを取ってできたかなっていうのはあるので。そこの部分は、あの試合があって、より良い方向に進んでいるとは思いますけどね」


きんg

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報