ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年12月20日

コヴァチ監督、ファンも納得の「闘争心あふれる」戦いを「もう1度!」

Eintracht Frankfurt
アイントラハト・フランクフルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


水曜日の日本時間28時45分からドイツ国内カップ戦、DFBポカール16強2部ハイデンハイム戦に臨むアイントラハト・フランクフルト。状況でみれば格下との対戦という構図にはなるのだが、ニコ・コヴァチ監督は「2部とのアウェイ戦は、決して楽な戦いになどならない。ましてや、これはポカールでの戦いなのだ」と警戒心を示した。

「戦術面でもフィジカル面でも、決して相手に劣るようなことがあってはならない。どのような姿勢でこの試合に臨むべきか。そこが決定的な要素となることだろう。そしてそれを決めるのはどこか?メンタルさ。だから選手たちには、どういった試合が待ち構えているかをしっかりと叩き込んでもらう必要がある。それではじめて我々は勝利を収められるのだ」

おそらくはこの試合からは、胃腸炎を抱え週末はベンチスタートとなっていた、セバスチャン・ハーラーが先発復帰を果たすことになるだろう。「今回の試合にむけては、彼は万全な状態にあるとみているよ」


なお週末に行われたシャルケ戦ではハーラーがゴール。一時は2点差にしながら、土壇場でナウドに同点弾を許して勝利こそ逃してしている。だがここまでリーグ戦で奮闘をみせるイレブンに対して、ファンからは「闘争心と情熱こそ、アイントラハト・フランクフルトだ。このまま戦い続けていけ!」との満足感を示すバナーが掲載。

コファチ監督は「このメッセージは、まさに的を射たものだと言えるだろうね。観客が求めているもの、それは選手たちが全力を出しつくすことになるんだ。最後の一滴まで力を絞り出すこと。それを明日もまたみなさんにみせたいね」と語った。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報