ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年12月24日

長谷部誠、2017年は「紆余曲折」…2018年の大目標W杯で「忘れ物を取り返しに」

Eintracht Frankfurt
アイントラハト・フランクフルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フランクフルトに所属する日本代表MF長谷部誠が、自身が携わるスクール『MAKOTO HASEBE SPORTS CLUB』藤枝校と浜松校の交流戦に参加。スクール生の子どもたちと試合をともにし、座学では自身が講師として「サッカー選手の一日」を説明するなどした。

2017年4月に生まれ故郷の藤枝、6月には浜松にスクールをオープンした長谷部。それぞれ春と夏に直接指導をして以来となる生徒との再会となったが、「W杯予選のオーストラリア戦でも動画で『応援よろしく!』とコミュニケーションをとっていたので、そのお礼も伝えたかった」とコメント。スクールでは生徒からの質問に長谷部がドイツから動画で応えるなどしており、日ごろの感謝を直接伝える機会となった。

また、「見るたびにうまくなっている」と目を細め、「自分がこういった活動をしている意味を考えると、日本代表としてプレー、海外でプレーしていることが、スペシャルというような部分ではあると思うので、そういったところを子どもたちに伝えてあげたい」と今後も積極的に交流していくと話した。

年末ということで2017年を振り返ってもらうと、「紆余曲折、良いことも悪いこともありました。ポジティブなことではW杯の出場権を獲得したこと。逆に3月にはヒザの手術をして。多少うまくいっていない部分もあります。人生にはいいこと、そうでないことがありますが、それが凝縮された一年だったと思います」とコメント。来年に向けては、「一番の目標として6月にロシアでW杯があるので、まずそのメンバーに選ばれることです。そのためにしっかりとコンディションを整えて、クラブでいいパフォーマンスをしていかないといけないと思います。選んでいただければ、前回感じた悔しさ、忘れ物をロシアに取り返しに行きたい思いが強いです」と力強く話した。


きんg

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報