ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年12月29日

元セレッソ指揮官ペッツァイオリ氏がフランクフルトのTDへ

Eintracht Frankfurt
アイントラハト・フランクフルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


マルコ・ペッツァイオリ氏が、再びドイツへと戻ってくることとなった。2011年にはTSGホッフェンハイムにて監督経験を持ち、2014年にはJリーグ・セレッソ大阪でも監督を務めた49才が、年明けからアイントラハト・フランクフルトにて新設されるテクニカル・ディレクターへと就任。「ユースチームとトップチームの橋渡し役」を担うことになる。

韓国、日本、中国、ユース代表監督、さらにはブンデス1部で監督を務めるなど、多種多彩な経歴をもつ同氏は今回のTD就任にあたり「また母国にもどってこれるのは素晴らしいことだよ。それにフランクフルトのような面白いクラブで従事できるのだから」と、11月末日に広州恒大のユースディレクターを退団していたペッツァイオリ氏は、これから迎える「刺激的かつ非常に興味深い」タスクへの喜びを語った。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報