ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年01月17日

ルスとアブラームが次節欠場の危機、長谷部誠は再びリベロで出場か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


前節に行われたフライブルク戦にて、かかとを負傷し交代を余儀なくされたマルコ・ルス。同選手の状態について、アルミン・ロイタースハーンACは「もしかしたら明日にも練習場でランニングを再開できるかもしれないし、明後日にはチーム練習に参加できるかもしれない」との見通しを述べた。「ただ週末に間に合うかについては、まだなんともいえないよ」

なお今節からは、出場停止となっていたシモン・ファレットが復帰。もしもルスが欠場となった場合には、3バックの両サイドにファレットとサルセドを配置して、中央にはリベロとして再び長谷部誠がプレーすることになるだろう。

フランクフルトの守備の要であるダヴィド・アブラームは、ふくらはぎに血腫を抱え前節を欠場しており、「見た所では、まだ間に合わないように思うね。今は我慢が必要だ」と同AC。「今は時間が必要だよ」と言葉を続けている。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報