ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年02月01日

フランクフルトの守備の要アブラーム、来週チーム練習参加?

Eintracht Frankfurt
アイントラハト・フランクフルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


昨年12月に行われたブンデスリーガ第16節ハンブルク戦にて、序盤に強い打撲をかかえて交代を余儀なくされたダヴィド・アブラーム。その時は4日後に行われるシャルケ戦までの復帰に期待感が持たれていたものの、それから7週間がたった今もなお、同選手がチーム練習に参加することはできていない。

しかしながらその苦しい時間にも、ようやく終わりが見えはじめてきたようだ。31才の守備の要は、ニコ・コヴァチ監督によれば「回復に向かっている。流れ次第では来週にもすこしチーム練習に参加できるかもしれない。」との見通しを語った。

2015年にホッフェンハイムから加入したアルゼンチン人DFは、ここまでブンデスリーガ77試合に出場して1得点2アシストをマーク。今季は開幕から離脱するまでの16試合すべてでフル出場を果たしており、kicker採点平均は3.30をマークしているところだ。

マイアー「子供のように喜んでいる」


ようやくアレックス・マイアーが練習場に戻ってきた。昨夏の準備期間中に膝を負傷し、その後手術を繰り返した上に病気にも苦しめられる結果に。「苦しい時期だったし、復帰が遅れるたびに辛かった。でも今はいい感じだし早く復帰できるように頑張っているところだよ。このまま痛みがないといいね」とコメント。確かにまだ別メニューをこなすしかできてはいないが、それでも「子供のように喜んでいるところさ。またピッチに立てているということ、ボールを触れるということが重要。痛みがなくてプレーできることが嬉しいんだ。」と言葉を続けている。なおチーム練習復帰については「2週間からもしれないし5週間かもしれない。長期離脱開けだし足の反応をピッチで確かめていかないと。他の体の部分もね。でも比較的ポジティブではあるのは確かだよ。」と述べ、今季中の復帰については「もちろんできるだけ奥プレーしたいね。それが目標だ」と意気込みをみせた。


 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報