ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年05月07日

1年ぶりの復帰戦で得点を決めたアレックス・マイアー

Eintracht Frankfurt
アイントラハト・フランクフルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


遂にホーム最終戦で今シーズンはじめてメンバー入りを果たした、主将を務めるアレックス・マイアー。長きにわたりチームを牽引してきた大型の攻撃的MFは、その得点力から「神」とファンたちから崇められるほどの存在だ。そんなマイアーがこの試合の終盤から、ついに実戦復帰。

その時について、マイアー本人は「ものすごい歓迎を受けたね。この場を借りて改めて、感謝の気持ちを伝えたい」とコメント。一方で副主将を務めるマルコ・ルスは、「アレックスなら絶対に得点を決めると思っていたんだ」と振り返った。

かつてブンデスリーガ得点王にも輝いた点取り屋も、「試合のなかで、ぜひ得点チャンスが巡ってくることを願っていた。」と願っていたとのことだが、そこでアブラームから「とても素晴らしいセンタリングがきた」とマイアー。それをしっかりと仕留め、自らの復帰戦を得点で飾って見せた35才は「まさにサッカーらしい出来事だよね。」と喜びを見せている。

ただそれでも、キャプテンを担う男は「欧州の舞台へ戻れるかどうか、それが今は自分たち次第という状況にあることがとても重要なんだ。他のクラブの結果に関わらずね。」と強調。

なおフランクフルトとの契約は今季いっぱいとなったままだが、「来年もプレーし続けるつもりだ。できればそれがここフランクフルトであればとは思っている。何パーセントかは僕にはいえない。それは他の人にきいてくれ」と語った。


 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報