ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年06月13日

ベンチから戦況見守った長谷部、チーム状態は「右肩上がりに良くなっている」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 国際親善試合が12日に行われ、日本代表はパラグアイ代表に4-2で勝利。西野朗監督就任以降、公式戦3試合目にして初勝利となった。

 先月30日のガーナ戦、8日のスイス戦は主将として出場した長谷部誠(フランクフルト)は出番なし。ベンチから戦況を見守った。西野体制初勝利に際し「ここ2試合でチャンスがなかった選手たちが出て、内容と結果の両方が出たことは非常に大きいと思います。監督も悩むことでしょうし、すごく大きなゲームでした」と総括。チームの現状については「今日だけではなく、チームはここまでの2試合で右肩上がりに良くなっている」と手応えを語った。

 いよいよ2018 FIFAワールドカップ ロシア開幕まであと1日。日本代表はオーストリアからベースキャンプ地のカザンへ飛び立ち、初戦のコロンビア戦に向けた最終調整に入る。「初戦まであと1週間くらいですが、現地に入ってコロンビア戦に対してどう向き合うか。コロンビアの方が間違いなくパラグアイより格上だと思うので、しっかりと向き合って突き詰めていきたい」と抱負を述べた。


きんg

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報