ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年06月20日

フランクフルト、ヴィートヴァルトの復帰を発表

Eintracht Frankfurt
アイントラハト・フランクフルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


月曜日にブルーノ・ヒュブナーSDは、フェリックス・ヴィートヴァルトの復帰を視野に入れていることを明かす発言を行っていたが、その翌日には同選手の復帰が確定したことが発表された。新たな契約期間は2021年までで、背番号は29。

ヒュブナーSDは「フェリックスは頼りになるGKであり、ここ数年で成熟みが増しているよ。」と評価。「レノウのバックアップとして考えている。彼らとツィマーマンの3人によって、我々はGKというポジションにおいては数でも質でも良いものをもつことができた」と喜びをみせている。

2013年から2015年までフランクフルトに在籍していたヴィートヴァルトは、その後にヴェルダー・ブレーメンへと復帰しリーグ戦59試合に出場。昨夏にはイングランド2部リーズ・ユナイテッドへと移籍していた。

当初リーグ戦3度の優勝を誇る同クラブにおいて先発GKを務めていたものの、幾度もミスを繰り返したことによりその座を終われる結果となり、3月からは試合を外から見る日々が続いている。

「海外で経験を積んだことはよかったと思うよ。さらに成長できたと思う」と振り返ったヴィートヴァルトは、「これからは再びフランクフルトでアピールしていく。できるだけ多くの試合でプレーできるといいね」と意気込みをみせた。

なおフランクフルトでは今季限りで守護神ルーカス・フラデツキーがレヴァークーゼンへと移籍。しかしながらすでに後釜としてデンマーク代表レノウをブロンビュから迎え入れている。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報