ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年08月02日

フランクフルト、モイゼ・ケアン獲得は「あまり現実的ではない」

Eintracht Frankfurt
アイントラハト・フランクフルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 U19欧州選手権決勝ポルトガル戦にて2得点をマークし、一躍注目を浴びる存在となったモイゼ・ケアン。先日はアイントラハト・フランクフルトからの関心も伝えられたところだが、マネージャーを務めるフレディ・ボビッチ氏は、ユベントス期待の若手FWへの関心を認めながらも、「獲得はあまり現実的ではないだろうね」とも付け加えた。

 2010年にユベントスの門を叩き、これまでユベントスでは3試合に出場して1得点をマークした身長182cmの18才は、昨シーズンはエラス・ヴェローナへとレンタル移籍。セリエA19試合に出場(先発12)し、4得点をマークしている。

 その一方で今夏ロシアで行われたワールドカップにて、決勝進出という飛躍を遂げたクロアチア代表の主力として活躍したアンテ・レビッチもまた注目を集めるFWの一人だが、プレミアリーグの移籍市場閉幕を1週間前に控えた現在もまだ、特にオファーは届いてはいない。

 また中盤における激しい定位置争いから、以前よりレンタル移籍の可能性が指摘されていたマーク・シュテンデラについては、選手本人が完全移籍を目指しておりクラブ側もこれを了承。ヒュブナーSDは「代理人と選手が来たらすぐに解決策を模索する。ただ今の所はまだ正式なオファーはまだない」と述べた。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報