ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年07月13日

1部昇格のデュッセルドルフ、新スタジアム名はメルクール・シュピールアレナ

Düsseldorf
フォルトゥナ・デュッセルドルフ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 今季はブンデスリーガ1部へ昇格組として臨むフォルトゥナ・デュッセルドルフだが、金曜日には今シーズンより本拠地の名称がメルクール・シュピールアレナへと変更されることが明らかとなった。

 これはガウゼルマングループとD.LIVEが、相談役会より承認を受けたことにより成立したもので、パートナーシップは10年間にわたり、8月3日から新名称でのスタートを切る。

 ドイツ西部に位置する、欧州最大級の日本人コミュニティが形成されるここデュッセルドルフ市に、多目的アリーナとして2005年にLTUアレナとして建設されたこの施設は、2009年からはエスプリ・アレナとして使用されていた。

ロヴレンと延長

 フォルトゥナ・デュッセルドルフは水曜、ダヴォル・ロヴレンを完全移籍で獲得したことを発表した。クロアチアで19度の優勝を誇るディナモ・ザグレブからレンタルで加入していた19才とは、今回2023根までの契約を締結。

 「これだけの伝統があるクラブでチャンスをことに誇りと感謝の気持ちを感じている。昇格により欧州最高峰の1つ、ブンデスリーガでプレーするという1つの夢が実現した」と喜びを語った。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報