Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年06月28日

主将シュスターと延長へ

SC Freiburg
SCフライブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

image

既報通りフライブルクは、主将を務めるユリアン・シュスターとの契約をさらに1年延長した。引退後もこのままフライブルクにとどまる予定だという。


2008年からフライブルクに在籍し、ここまで公式戦218試合に出場していた31歳のベテランMFだが、昨シーズンは負傷の影響もあってわずか8試合の出場に。


マネージャーを務めるザイアー氏は「昨季は負傷に見舞われたが、今季はもう一度ブンデス1部でうまくやっていくために貢献したいと意気込んでいる」とのベ、またシュスターも「準備期間のスタートに向けて集中している。全力をつくすよ」と意気込みをみせている。


さらに引退後もフライブルクにとどまるとのことで、ザイアー氏は「彼のような豊富な経験を加えられることを楽しみにしている」と語り、シュスターは「フライブルクは僕にとってのホームだ」と決断の理由について説明した。

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker