Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年07月05日

フライブルクが始動

SC Freiburg
SCフライブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

image

気温二十度、晴天の下で月曜午後から始動したフライブルクの練習には、のべ250人のファンが詰めかけた


そこには今夏加入の6選手全員の姿が見受けられたが、その中の一人アレクサンダー・イグニョフスキが軽く打撲した以外は、特に問題はなく初日は終了。シュトライヒ監督は「ピッチに戻ってこれて嬉しいね。私はあまり家でじっとしているタイプでもないんでね」と喜びを見せている。


なおフライブルクは、7月23〜30日まで、オーストリアのシュルンスにてトレーニングキャンプを実施するところだ。


Trainingsauftakt SC Freiburgレーヴ監督を擁護
またドイツではメメト・ショル氏が展開したレーヴ監督への批判が話題となっているところだが、シュトライヒ監督は「私の考えではスリーバックは正しい策だったと思うね。選手もコーチもいい仕事をしたよ。しっかりと相手を分析していたし、ああいうプレーをイタリアにはする必要があった。これは結果論ではないよ。」と、レーヴ監督を支持する考えを示した。


なおフランス戦については「勝利も敗戦もある」とした上で、「準決勝まで進んだのだから、その時点で成功だよ」と述べている。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker